著作権法には、「著作者の権利」の他に、「著作権隣接権」という権利があります。この権利は、実演家やレコード製作者、放送事業者や有線放送事業者の権利について規定されています。
著作権の権利が、著作物を創作する者に対して与えられている権利であるのに対して、この権利は、著作物を人々に伝達する立場である実演家などに与えられている権利です。
例えば、歌手が曲を歌う場合、歌う側は楽曲を伝達する立場であって、歌うことにより著作物を製作しているわけではありません。しかし、同じ曲でも歌手によってその歌い方に違いが出てくる場合があり、聞く側からは受け取り方が異なってくる場合も生じてきます。このことを著作権法から考えると、「著作物の創作に準ずる創作行為」であると言えます。これは、レコードを製作する者、放送関連事業者、有線放送関連事業者も同様であると言えるのです。そこで、著作権法では、これらに当てはまる立場の者に対しても、法律上の権利を認めることとし、保護を図ることを義務付けたのです。
実演者の権利には、権利の対象に実演、権利の主体に実演家、権利の内容は1.著作隣接権(許諾権)、2.報酬・二次使用料請求権、3.実演家人格権です。