わが国の著作権法のなかでは、著作物を創作した著作者には、人格的な権利と財産的な権利という、2つの異なるタイプの権利が認められています。
前者にあたる著作者人格権は、著作者だけがもつ一身専属的な権利であり、誰にも譲渡したり、相続したりすることができないものとされています。基本的に著作者が死亡すればこの権利は消滅しますが、一定の範囲内で死後も守られており、もし権利が侵害された場合には、遺族による差し止め請求などができるようになっています。
こうした権利は、公表権、氏名表示権、同一性保持権として、さらに細分化できます。公表権は、未公表の著作物を公表するかしないかを決めたり、いつ公表するかを決める権利のことです。氏名表示権は、著作者名を表示するかしないか、する場合であっても実名とペンネームとを選べるという権利です。同一性保持権は、著作物の内容などを他人に勝手に改変されない権利です。
後者の財産権については、文字通り著作者から他人に売り渡したり相続させたりといったことができる権利のことで、さまざまな種類のものがあります。例えば、著作物を録画や録音などでコピーすることができる複製権、著作物をインターネット上にアップするなどして広めることができる公衆送信権、著作物としての戯曲などを公の場で演じることができる上演権などがあります。