世界のルールとして個人が世界に役に立つものとして作った物には、その作った物と作成した人を尊重するためのルールとして著作権が作られています。この著作権があることによって個人が世界に役に立つものとして作った物が別の人物の手で模倣された時に、、その別の人物がそれを使って自己利益にしてしまい作成した人間の不利益を被る事態になったときに利用した人物に対して裁判で弁償を請求できる権利となります。申請することによって著作権の範囲に組みこまれますが、その範囲に組み込む際の枠組みには知ベッド的所有権と財産所有権があります。著作権は先に言ったとおりに世界に役に立つ物を作った段階で神聖視個人とその物を守る役目を持つものですが、この役に立つものと言うのは目に見える結果と目に見えない結果であるが世界の生活に欠かせない物にになります。この中で目に見える結果として認定されるのが家や建築物を作成した個人に贈られるのが財産所有権で、それとは別の音楽や映画などのそこの場所にはないが情報として周りに認知される物を知的所有権といった形として送られる物なのです。この著作権の知的所有権と財産所有権のどちらかの範囲に組み込まれた物を著作物として扱わることになります。